女性の病気いろいろ

妊娠、出産、不妊症にもかかわる病気はいろいろあります。女性特有の子宮周りの病気について調べました。

→ 卵巣嚢腫の手術を受けた体験談はこちら

卵巣嚢腫は良性?悪性?卵巣がんになるって本当?

卵巣にできる腫瘍には良性のものと悪性のものがあります。
腫瘍というと悪性のものを思い浮かべますが、実は良性の腫瘍も多いのです。

卵巣の場合は、悪性腫瘍というと卵巣がんのことをいいます。

悪性以外、つまり良性腫瘍は卵巣にできる腫瘍の9割くらいになるそうですが、その良性腫瘍のうち、一番多いのが卵巣嚢腫です。

卵巣嚢腫の原因は子宮内膜症であることが多く、そのうちチョコレートのう腫は子宮内膜が剥がれてたまったものが腫瘍(嚢腫)になったものです。

そして、チョコレートのう腫自体は良性腫瘍ですが、
大きくなってくると1%程度が悪性腫瘍に変わってしまうようです。


チョコレートのう腫が小さいうちは経過観察や投薬治療でいいようですが、
大きくなってくると茎捻転が起こる可能性が高くなることもあり、手術をしたほうが安心できるともいえます。

卵巣は腫瘍ができても自覚症状がないことが多いので、生理痛がひどい場合など、ちょっと違和感を感じたら婦人科を受診したほうがよいでしょう。





↓↓↓ 手術を受けた人の体験談 ↓↓↓






posted by momo at 17:01 | 卵巣嚢腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする